▲TOPへ戻る

〒243-0036 神奈川県厚木市長谷1669
  • 特大
  • 大
  • 標準

デグーの診療

デグーのひとりごと

デグーのひとりごと

デグーの疾患

歯科疾患

特徴:

① 合計20本の歯があり、すべての歯が生涯伸び続けるため、歯科疾患は比較的多い。
② 臼歯の不正咬合、切歯の不正咬合(多くは臼歯に続発)などが見られる。

症状:

食欲不振、体重減少、よだれ、被毛粗剛など

診断:

口腔鏡による確認(状況により鎮静や全身麻酔が必要なこともある)、レントゲン検査

治療:

過長・齲歯部分の切削、歯肉消毒など(全身麻酔が必要)

消化器疾患

特徴:

① 嘔吐が出来ない。
② 感染症による下痢や軟便になる症例は少なく、消化管内寄生虫はあまり報告がない。
③ 消化管機能の低下により、内容物の停滞や異常なガス貯留がよく見られる。
④ 不適切な抗生物質使用により腸性毒血症を起こし、軽症では下痢、重度では死亡する。

症状:

元気・食欲低下、便の小型化・軟便・下痢、排便量低下・廃絶、呼吸促迫など

診断:

レントゲン、便検査、腹部触診・視診

治療:

注射、皮下点滴、流動食注入(食欲低下時は入院管理が必要)、内服薬処方、外科手術

皮膚疾患

特徴:

① ストレスなどから毛噛みや過剰なグルーミングが原因の舐めこわし・脱毛が見られる。
② 尾の皮膚が抜け落ちる「尾抜け」が発生しやすい。
③ 微生物感染、外部寄生虫感染による皮膚炎は比較的少ないが、皮膚糸状菌症が時折見られ、眼・鼻・耳など頭部から拡がる。
④ 多頭飼育でも問題が発生することは希であるが、けんかによる外傷を時折見かける。

症状:

前肢端の甲の部分の脱毛、頭部・耳周囲のフケ、紅斑、痒み

診断:

視診、試験的抗生物質投与に対する反応で評価、皮膚糸状菌培養検査が必須

治療:

内服薬投与、ストレス軽減、栄養管理、尾抜けの場合は断尾手術

眼科疾患

特徴:

① 先天性や糖尿病性の白内障が発生する。
② 砂浴びの砂が原因で角膜炎、結膜炎、眼瞼炎などが起こることがある。
③ 白濁した涙が出る場合、全身状態の悪化が示唆される。

症状:

水晶体の白濁、目やに、流涙症、充血、しょぼしょぼさせる、白濁した涙、体重減少

診断:

視診、スリットランプ検眼、角膜染色検査、レントゲン

治療:

点眼薬、内服薬、カラー装着、治療中は砂浴びを禁止する

その他の疾患

特徴:

① 多くはないが、悪性腫瘍の発生報告がある。
② おやつの多給により糖尿病や肥満個体が見られる。
③ 糖尿病の場合、元気消失、食欲不振、多飲多尿、痩せてくる、ふらつき、四肢麻痺、けいれん、発作、白内障、被毛粗剛など様々な症状が見られる。
④ 糖尿病の診断は尿糖の検出、治療は血糖降下剤の内服、などに限られ、食欲不振時はインスリン注射、強制給餌などの入院治療が必要となる。
⑤ 骨折・腫瘍などの場合外科治療は困難で、部位によっては断脚などが必要なケースも多い。

  • トリミング
  • ペットホテル
  • 外科手術について
  • ウサギの診療
  • 循環器の診療
  • 猫ちゃんにも優しい動物病院を目指して
  • 動物に優しいメディカルアロマ
  • 行動学・問題行動の改善
  • 小鳥の診療
  • Instagram
  • 病院facebook
  • トリミングfacebook
  • 求人情報
  • 動物病院ネット予約
  • トリミング仮受付